月別アーカイブ: 2016年8月

高知市の脱毛サロン アイーナで脱毛しました

私は4年前に全身脱毛を終えた40代です。

実は、20代の時に両脇の脱毛をしたのですが、痛みがすごくて断念した経緯があります。

でも自分に時間を掛けられる独身時代だったらのんびりとセルフ脱毛でも構いませんが、時間に追われている今ではセルフ脱毛の時間さえ惜しいほど。

そこで自己投資と考え、全身脱毛を決心したのです。
20年の時が流れた後では、脱毛界に劇的な変化が現れていました。

まず、安い。
そして、痛くない。時間も掛からないと良いことづくし。

やり遂げられなかった20年前の両脇脱毛に支払った金額の半分で全身脱毛を終えました。

~私が脱毛をしたサロンはこちら<高知市脱毛 アイーナ>~

ところが、それから4年の月日が流れた今、膝下に長い毛が目につくようになったのです。
5㎝四方で2本ずつくらいの感じです。

以前の様な剛毛ではなくなっているので、毛は細く、自分以外の誰かには見えない程度かもしれません。

しかしながら、「毛がない生活」のウキウキした感じを味わった後では、どうしても気になります。

かといって、少量だからとセルフ脱毛を行い、以前の剛毛に戻るという過ちは犯したくありません。

永久脱毛というウリで施術を申し込み、「これですべて完了です」というお墨付きをサロンのスタッフさんからも得たのですが、生えてきました。

現在は更に手軽で格安の脱毛が出来る様なので、もう一度やることに検討の余地はあります。
ただ、考えれば考えるほどに時間的余裕がないのです。

4年の間に子供が小学生になって、あれこれと時間を取られるようになってきました。
しかも、仕事もしています。

週末も子供の習い事の送迎やらで時間を捻出するのが至難の業。
なによりも体力の衰えで、休息時間を求めてしまうのです。

今回の脱毛願望の目覚めは、子供の習い事の送迎をしているママの中に短パンを穿いて、ピカピカの膝下でビーサンを格好よく履いている姿を見て羨ましくなったからというのが大きな理由です。

ちょっぴり増えてきた膝下の無駄毛が気になり、真似できない私。

脱毛して、あのママのようにカジュアルに決めたいなあ・・・と思いつつ、フレアパンツなどを穿いている今日この頃です。